カルティエは本物の一級品

有名ブランドには、それぞれに固有のイメージがあります。
フランスの有名ブランド、カルティエは、宝石と腕時計のイメージです。

「超」がつくほど有名なカルティエは、イメージの通り、ジュエリーと高級腕時計のブランドです。

他のブランド同様、それ以外にもさまざまな商品を展開していて、かつて日本では革製品やライターがよく知られていました。

本業からやや離れたこうした商品は、輸入当初にブランドを浸透すべく展開されたものでしたから、人口に膾炙した現在では、本来の宝石と腕時計のイメージが先行するようになっています。

とくに今ブームになっている高級腕時計の分野では、カルティエは最重要なブランドのひとつです。

現在ラインナップされている商品の人気はもちろん、
そもそも腕時計の歴史において、カルティエは欠かせない存在だからです。

いまから200年ほど昔、時計はすでに紳士の持ち物として定着していました。
ただ、今と違い、懐中時計でした。懐中時計は、時計本体にリングや紐をつけ、懐やポケットに入れて持ち歩いたもの。
時刻を確認するのに、いちいち取り出す手間がかかるのが、腕時計とは異なっていました。

そのころ宝石ブランドとしてスタートしていたカルティエは、飛行機のパイロットのための時計を開発します。
操縦桿から手を離せないパイロットのために作られたのが、腕につける時計、すなわち腕時計でした。

これが現在では、世界ではじめて成功をおさめた紳士用腕時計と言われています。
カルティエの腕時計は、こうした歴史を脈々と受け継いだ、本物の一級品なのです。