国内と海外の高級腕時計ブランド

高級腕時計ブランドは、3大ブランドと称されるような欧州の歴史あるメーカーのほかに日本国内にも存在しています。
世界的ブランドに比べて知名度でまったく劣っておらず、
スポーツの大会やイベントにスポンサードしては、日本産高級腕時計の名を知らしめています。

そうした国内の高級腕時計ブランドと海外ブランドを比較するのは、単純ではありません。
高級腕時計の専門家でも「どちらがいいのか」と問われて、ひとことでは答えられないでしょう。

実際に高級腕時計を買い求めるとき、国内ブランドと海外ブランドとの違いをある程度把握しておくことは大切です。

値段だけで商品を比較しようとしても、高級であればあるほど価格帯が近づいて、値段の差が小さくなるからです。
ほぼ同じ金額なら、商品とメーカーの特徴の違いを知らないと、選びようがなくなってしまいます。

腕時計開発の歴史ならば、海外ブランドが圧倒的に上といって間違いありません。
ヨーロッパでは「時計学」なる学問が存在するほど、時計に関する技術の蓄積や嗜好、哲学が浸透しています。

国産ブランドは、こうした海外ブランドの模倣から始まっています。
では、歴史以外ではどうでしょうか。時計において最重要といえる「精度」に関しては、国産ブランドは世界一を誇ります。
そして、その超高精度の時計を比較的安価に発売して全世界に衝撃を与えました。

高級腕時計の愛好家の数なら海外ブランドが上でしょうし、新技術の導入なら国産ブランドに強みがあります。

おおまかですが、こうした違いを知っておいて長く使い続ける一助にしたいものです。