奥深い高級腕時計の人気

高級腕時計と普通の腕時計を区別する方法は、厳密にはありません。

後述する「機械式腕時計」を高級なものとし、電池で動く「クォーツ式腕時計」を安価な品と分ける考えがあるにはありますが、そもそも値段の高い低いは、買う人間によってそれぞれです。

金額だけで時計のよしあしを決めてしまう必要はありません。

ただ、超高級腕時計といわれる種類になると、「機械式腕時計」がほとんどになってきます。
機械式とは、ざっくりいってしまえばゼンマイ式のこと。すべて職人の手作業で組み立てられ、数十点~数百点以上に及ぶ精密な部品のひとつひとつが一級品のため、完成すると驚くような高価な金額になります。

機械式には、ゼンマイをリューズ(時計の横についている突起部)で巻きあげる「手巻き」と腕の振りによって自動的にゼンマイを巻き上げる「自動巻き」の2種類があります。

「手巻き」は内部構造がシンプルなため、相当の長期間使用できるといわれます。

「自動巻き」には、「ワインディングマシーン」という定期的に回転させてゼンマイを巻くタイプもあります。

あくまで手作業なので、電池式の「クォーツ式腕時計」に比べれば、
時刻の精度は劣りますし、ゼンマイを巻く手間がかかります。

専門店でのメンテナンスは欠かせず、はっきりいえば「クォーツ式腕時計」より手のかかるものといっていいでしょう。

手がかかって金額も高いのに、なぜ機械式の高級腕時計に人気があるのかは、面白いところです。

それを知りたくて買ってみようと思う人もいるでしょうし、
種類だけではわからない奥深さに触れてみるのも、大人の楽しみかもしれません。